20141123-223434地震速報


中国メディア・中国網絡資訊網は22日、同日午後10時8分に長野県で発生したマグニチュード6.8の地震について、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上に記事を掲載した。

記事は、日本にいる通信員からの情報として、揺れが起こる46秒前に地震警報を受け取ったこと、携帯電話でもこの情報を受け取れることを紹介。中国でも同様の地震警報システムを開発すべきであるとした。

この情報に対して、中国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「日本の地震予報は本当にすごい。46秒前に警報が出て、しかも携帯電話で情報受け取れるなんて」

「日本人に対してはやはり、理性的にならなければならない。彼らの技術は人類に貢献しているのだから」

「何日か前、わが国がまた『世界最大の地震検知測定システムを構築した』などとうそぶいていなかったか。本当に役に立つのだろうか」

「中国の地震局が何をやっているか知らない」

「日本の科学技術しっかり学ぶべきだ」


「日本では毎日地震があるのだから、防御システムがわれわれより進んでいるのは当たり前」

「日本は地震と見せかけて、原子爆弾や中性子爆弾、水素爆弾を研究開発しているのかも。安倍の自信ぶり、日本の尊大さがその証拠だ」


(編集翻訳 城山俊樹)
http://news.livedoor.com/article/detail/9500622/

 応援ワンクリックお願いします。

人気ブログランキングへ