20141125-112237仏像

 長崎県警対馬南署は24日、対馬市美津島町の寺から市指定文化財の仏像1体(高さ10・6センチ)を盗んだとして、韓国人の男4人を窃盗容疑などで逮捕した。

 発表によると、4人は同日午前10時~午後1時50分、寺の倉庫に侵入して仏像を盗み出した疑い。寺から通報を受けた署員が同日午後、韓国・釜山行きの船が出る港の船乗り場で、不審な韓国人に職務質問。持っていた紙袋の中から盗まれた仏像を発見した。

 4人は47~70歳で、職業は住職や会社員、警備員、農業と説明。2人は容疑を認め、残りは否認しているという。

 対馬市では2012年、国指定重要文化財の仏像などが寺社から盗まれる事件が発生。その後、韓国の警察が韓国人窃盗団の男ら数人を逮捕し、有罪が確定した。盗まれた仏像は現在も、日本へ返還されていない。

http://news.livedoor.com/article/detail/9503330/ 

(つづき) 

「日本に仏像を盗みに来た」「日本の仏像は金になる」という趣旨の供述をしているという。同寺からは市指定有形文化財の大般若経だいはんにゃきょうの一部約350冊もなくなっており、4人の所持品から見つかった複数の書物が大般若経とみて調べている。


http://news.livedoor.com/article/detail/9504613/

応援ワンクリックお願いします。

人気ブログランキングへ