(・∀・)つ すみません。前回の旅行記で
画像整理してたらまだでてきたので
この際アップしておきます。 

IMAG0198
 クリックお願いします。



掲載し忘れ分でアップしておきたかったものをピックアップしました。
                                                             
(・∀・)つ 大山祗神社の境内の脇にある灯籠。
すごく古そう。石がかけて丸みを帯びています。
何百年前も前から参拝客を今と同じように見守り続けているのでしょう。
IMAG0156

神社の入り口から灯籠に沿って海まで
そこには鶴姫様が
IMAG0182
(・∀・)つ 鶴姫の後ろからパシャ
遠くに見えるのは第一鳥居
こちらが本来の玄関口なんですね。
港があります。古来より船での参拝はこちらが
メインだった模様
IMAG0185
鶴姫様
鳥居の先は大山祗神社。何を思っているのでしょうか。
瀬戸内のジャンヌダルクと言われる彼女ですが
戦乱の世に生まれ自ら鎧をまとい戦った。
その中で恋人をいくさで亡くし、若くして入水自殺したと言われています。
悲しい瀬戸の悲恋の物語。
彼女の背中は寂しそうです。

 (・∀・)つ 鶴姫様の神通力かフナムシはいません。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(・∀・)つ 大山祗神社からさほど離れていない場所に
伯方の塩工場が。
伯方島ではなく大三島にあるんですね。
これ前回アップしようと思ってたのに忘れてました。
IMAG0187
 (´∀`*) 見学もできるようです。今度行ってみよう。

(・∀・)つ しまなみ海道に点在する標識
走ってると文字小さくてわからんですし。
日本語と英語だけにして文字大きくすれば
いいと思うんだけどなー
国際的な情報伝達は英語だけでOKよ
IMAG0193

 もはやどこで撮ったか忘れた。たぶん伯方島だったような。
こちらは有料のキャンプ場です。かなりいい設備が整っています。
そして階段で島の下の浜辺まで降りることができます。
海賊の根城があった為か岩礁ピット(建物を立てる時の岩のくぼみ)も
ある模様。
IMAG0194

先程の鶏小島近くのバス停留所
最強時刻って書いてある。
何が最強なのか帰る間中ずっと悩まされ続けたが答えがでることはなかった。

後で調べてみるとバスの停留所ではなく潮流表だったようです。
IMAG0197

瀬戸内海は本当にこういう小さな島が多い。
どこかに海賊の財宝が隠されていると言われてますが
本当にどこかに財宝が眠っていそうで
現地で景色見てるとワクワクします。
IMAG0195

大島で撮ったと思われる魚
IMAG0198
 
なんと案内図も大島石でできている。
IMAG0199

紫陽花咲いてました。
もう梅雨ですもんね。
IMAG0200

というわけで載せ忘れ以上です。 

今回のルートは今治→大島→伯方島→大三島でしたが
広島尾道までのルートの半分程です。
ざっとしか紹介できませんでしたがもっともっとたくさんの
みどころスポットがあります。
そしてしまなみの後半ルートはさらに未知なるおもしろスポットが。

後半ルートもそのうち紹介したいなーと思いつつ
おさらばでございます。