056-001
1999年9月21日(午前1時47分)、台湾でマグニチュード7.6の大地震が発生。

その巨大地震は阪神淡路大震災級で
死者2400人以上、負傷者11000人以上に達した。
台湾住民にとっては忘れられない日だ。 

時の台湾総統は李登輝氏。
地震発生後、30日間のうち21日間を被災地で
自ら陣頭指揮をとり、情報収集と被害対応に尽くした。
 
地震発生後、様々な国から次々と支援の申し出があった。

発生した夜に、真っ先に到着したのは、日本の救助隊である。

遺体が発見される度に、敬礼と黙祷を捧げ
救助ができず申し訳なかったと家族に詫びた・・・

日本の救助隊が帰国する時、
空港には台湾人により盛大な拍手に包まれていた。

そして当時、日本財団会長で見舞金をもって訪台していた
曽野綾子さんに李登輝総統はこう答えた。

「日本に何かあったら、真っ先に駆けつけるのは台湾の救助隊である!」

そして、2011年3月11日、東日本大震災。
 056-002
日本での震災の報は、台湾にも伝えられた。
李登輝氏は既に総統の座から降りていたが
「今回の震災は、われわれが恩返しする時!」と
震災発生直後に、交流協会台北事務所を通じて、救助隊の派遣を申し出た。

交流協会台北事務所は、正式な外交関係がない日本と台湾において、
大使館の役割を果たす窓口である。

氏が派遣要請をした救助隊は民間のNGO組織、中華民国捜救総隊。
隊員は全てボランティアで活動を行い、
台湾大地震の時も、危険を顧みず生存者の救助活動を行った。

救助隊の動きは迅速で、対応は政府(馬英九)のそれよりも速かった。

しかしなぜか、同隊の被災地派遣について、日本は承諾しない。
 056-003
震災の救助活動は時間との勝負だ。
震災発生後72時間が被災者の生死を分ける。

迅速な対応が求められる時だった。

同隊はやむなく自力で被災地に向かった。

まずチャイナエアラインに搭乗を要請。
しかし台湾外交部からの同意が得られず、拒まれた。
日本政府からの正式な承諾が得られなかった為であろう。

時間だけが過ぎていった。

困り果てた同隊はエバー航空に相談すると、35名のメンバーと装備を
成田空港まで無償で運んでくれた。

しかし成田空港に到着できたのは、3月13日午後一時だった。

一刻を争う時であるものの、日本に到着したはいいが
どの被災地に行っていいかわからない。

その中で、日本の外務省が台湾からの救助隊にとった行動は
056-004
「台湾からの救助隊を迎え入れる準備ができていない!」
台湾は中国の一部であるという、中国共産党への配慮を示した結果である。

時の日本の総理大臣はご存知、菅直人。

結局、同隊は15日になるまで被災地への通行証の許可は下りなかった。

台湾政府も11日に派遣の用意を表明していたが、
各国の救助隊が日本入りする中、
中華民国捜救総隊と
同様に待機を余儀なくされた。

救助隊一番乗りと言われる、韓国の救助隊5名と救助犬2匹は
3月12日午後成田に到着していた。

しかし、日本政府が最初の中華民国捜救総隊の申し出を
受け入れ、救助隊がチャイナエアラインに搭乗できていれば
真っ先に救助に駆けつけてくれたのは台湾だったはずである。

李登輝氏は、当時の日本政府の対応についていまだに納得していない。
 056-005
「日本に何かあったら、真っ先に駆けつけるのは台湾の救助隊である!」
その約束を果たせなかったことは、生涯の痛恨事である。
そう語った。

そして「日本の皆様の不安や焦り、悲しみなどを思い、
私は刃物で切り裂かれるような心の痛みを感じている」

「自然の猛威を前に決して運命だとあきらめず、
元気と自信、勇気を奮い起こしてほしい」


ともメッセージを寄せている。

(´・ω・`) 日本を助けようと必死に尽くしてくれた人が
台湾にいる。その事を忘れてはいけない。


■台湾からの物資支援
発電機688台
毛布1,599箱
寝袋2,587箱
スリーピングマット236箱
衣類(防寒着等を含む)4,488箱
食品16.5トン及び9,444箱
ストーブ900台
マスク404箱
カイロ150箱
飲料870箱
手袋42箱
暖房器具53台
マットレス33箱
粉ミルク895箱
マフラー21箱
ナプキン10箱
枕16箱
キルト408箱
ティッシュ20箱
トイレットペーパー30箱
懐中電灯3箱
タオル48箱
納体袋24箱

■台湾からの義援金
200億円以上(世界一)
ほぼ台湾の民間からの支援である。

(・∀・)漫画のモチベです。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ