069

1:鴉 ★@\(^o^)/:2015/08/31(月) 18:15:29.04 ???.net
 「アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、もっともっと仲良くなってやります。僕自身が抑止力になってやります」

 2015年8月28日に行われた「SEALDs」主催の金曜国会前抗議。この日、はるばる福岡県から上京した西南学院大学3年の後藤宏基さんは、「どうしても言いたいことがある」と初めて訪れたという国会前でマイクを取った。

 後藤さんが住む福岡には、東シナ海の領空や周辺空域を監視するレーダーが配備され、朝鮮戦争時には、位置的重要性から米軍が福岡空港に駐屯。米軍の戦闘機が朝鮮半島へ向かう、まさに「玄間口」としての機能を担った。

 安倍総理が「脅威」だと名指しする中国や、外交関係が改善しない韓国の人々と「話して、遊んで、酒を交わしてもっと仲良くなる」とみずみずしいスピーチを打った後藤さん。
その言葉の裏には、「アジアの玄関口」として戦争に巻き込まれた歴史と、そこから生まれる「平和」への強い願いがある。

 「『戦争法案』は絶対に廃案にしなければなりません。こんな政権に日本を任せるわけにはいきません。僕は地方から声をあげていきます」

 安保法案の廃案と安倍政権の退陣を求めた後藤さんは最後に、安倍総理に向かってこう訴えた。

 「安倍総理、好き放題やっているあなたへ、然るべき時に国民の力を思い知らせてやるために、僕らはこの怒りを絶対に燃やし続けます」

 以下、後藤宏基さんのスピーチ全文とスピーチ動画を掲載する。

(ぎぎまき)




IWJ
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/260302

★1
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1441008141/
2:鴉 ★@\(^o^)/:2015/08/31(月) 18:16:04.84 ???.net
>>1■スピーチ内容

みなさん、こんばんわーーーー!!!

 僕は今日、福岡から来ました。西南学院大学3年、後藤宏基です。今日は生まれて初めて国会前に来ました。緊張していますがよろしくお願いします。

 僕は福岡で、『FYM』という団体を立ち上げて活動しています。

 今日はどうしても言いたいことがあって、この場でスピーチさせていただきます。

 『戦争法案』は絶対に廃案にしなければなりません。こんな政権に日本を任せるわけには行きません。

 僕は地方から声をあげて行きます。

 確かに九州は国会といった人が集まる象徴的な場所はありません。東京から離れている分、地方の若者の政治に対するリアル感はないかもしれない。

 でも僕は言いたい!

 どこに住んでいても、この法案について真剣に向き合わなきゃいけない。

九州はよく、『アジアの玄関口』と例えられます。確かに、観光で考えたら良いことなのかもしれない。
でも、もし戦争することになったら、真っ先に攻撃対象に挙げられるでしょう。

 なぜなら福岡には、東シナ海を監視するレーダー基地があるからです。それに、さらには玄海原発、鹿児島には原発再稼動した川内原発があります。

 歴史を紐解けば、朝鮮戦争では福岡の空港からアメリカの戦闘機が朝鮮半島に向けて飛んで行きました。

 第二次世界大戦中、海の向こうの沖縄は地上戦が行われ、北九州は原子爆弾の標的となり、長崎には原爆が落されました。九州にも現場があるんです。

 僕は周りに政治のおかしさを訴えていきます。

 戦争を起こして何になりますか。

 誰が得をしますか。

 僕ら国民には犠牲しかもたらしません!

 そんなに中国が戦争を仕掛けてくるというのであれば、そんなに韓国と外交がうまくいかないのであれば、アジアの玄関口に住む僕が、韓国人や中国人と話して、遊んで、酒を飲み交わし、もっともっと仲良くなってやります。

 僕自身が抑止力になってやります。


 抑止力に武力なんて必要ない。絆が抑止力なんだって証明してやります。
5:鴉 ★@\(^o^)/:2015/08/31(月) 18:16:41.64 ???.net
>>2の続き

そして大人のみなさん。今、多くの若い仲間たちが全国で安倍政権に『NO』という声を叩きつけています。ただこれだけは分かっていて下さい。

 僕らは好きでこんな活動をしているわけではありません。

 僕は(大学)3年生です。来年のこの時期は僕は就職活動なので、実質、今が最後の夏休みです。僕には就職活動真っ只中の仲間もいます。
本当は家で本を読んでいたいし、ぼーっとしていたいし、友達と花火大会に行って遊んだり、バイトをしてお金を貯めたり、自分のために時間を充てていたいです。

 でも今、ここで何もしなかったら、『戦争法案』は成立し、僕らや僕らの下の代にとんでもない重荷を背負わせ、また解釈改憲みたいな、民主主義国家とは思えないやり方がまかり通り、自由がなくなってしまうかもしれません。

 そんな日本を僕らが望むわけがない。

 そんな可能性を少しでも減らすために、安保法案を廃案にするために、僕ら若者は立ち上がっています。

 今、こうやって多くの人の前でスピーチをしていますが、本当は僕めちゃくちゃ怖いです。こんな活動をしていて就職に影響しないだろうか、多くの若者が思っているはずです。

だからこそ、ここにいる大人のみなさん、ここにいないけど志が同じ大人のみなさんが若者を支えてあげて下さい。若者を応援して下さい。

 そうすれば、僕らはもっともっと強くなります。

 そして、少しでもこの法案に違和感を覚えている若者の手助けをしてあげて下さい。必ず傍にいるはずです。

 また、安保法案に違和感を覚えている若者のみなさん、それを思っているのはあなた一人だけじゃない。
ここには沢山の仲間がいます。地方にだって、あなたの話を真剣に聞いてくれる仲間が必ずいます。一緒に立ち上がりましょう。

 そして安倍総理、好き放題やっているあなたへ、然るべき時に国民の力を思い知らせてやるために、僕らはこの怒りを絶対に燃やし続けます。

 全国のみなさん。若者や大人、みんな一緒に、みんな一緒に連帯していきましょう。この怒りを忘れずに放ち続けましょう。そして、国会に届けましょう、僕らの意思を…。勝ち取りましょう、僕らの民主主義を…。

 2015年8月28日、私は安保法案に反対し、安倍政権に退陣を求めます」





終わり
【話題】SEALDs「中国が戦争してくるなら、僕らが中国韓国と仲良くして抑止力になる。安倍総理には怒りを燃やし続ける」★2
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1441012529

(・ε・)
武力に頼らないで国防が実現できるなんて保証は
どこにもない。
国際政治の安定を考慮すれば必然的に
武力による威嚇や抑止を無視できないよ。

それが国際政治における「現実」
武装して存立を保つ以外の選択肢なんてない。

日本が国家の政策として、武力なんて必要ありませんなんて言い始めたらどうなります?

軍隊を保持しつつ、戦争に訴えることなく、
秩序は保ち、
国益を考える事が大事だと思います。

この若者たちの声には全く賛同できません。

(・∀・)漫画のモチベです。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ